採用情報

■業 種 農林
住宅/商社(建材・エクステリア)/建設/商社(インテリア)
■本 社 奈良、愛知

モデルケース

■総合職・技術職
採用人数

今年度予定 5~10名 昨年度実績 6名

初年度月収例

月21万円程度(月給制)

選考例

WEBエントリー
説明会3月/面接4月/内々定5月

応募・選考時
提出書類

履歴書・成績書

その他の
ポイント

平均勤続年数15年以上・完全週休二日制・平均残業時間が月20時間以内

募集要項

■募集概要
職種

総合職・技術職
営業、木材の仕入販売、木材市場の運営、製材加工、工場管理、施工管理
※木や山の知識をつけていくため、ジョブローテーションをしながら総合的に経験を積んでいただきます。

勤務地

桜井本社/奈良県桜井市
名古屋本社/愛知県名古屋市
豊田事業所・工場/愛知県豊田市
舞鶴事業所/京都府舞鶴市
浜松工場/静岡県磐田市
茨城事業所/茨城県小美玉市
酒田事業所/山形県酒田市
四国事業所/高知県南国市
三重事業所/三重県伊賀市
高山出張所/岐阜県高山市
栃木出張所/栃木県那須塩原市
高知西部出張所/高知県四万十町

勤務時間

8:30~17:30(部署により異なります)

■給与・福利厚生(待遇)
給与

総合職・技術職
大学卒:月給210,000円
大学院卒:月給221,000円
(2020年4月実績)

諸手当

通勤手当・残業手当

昇給

年1回(1月)

賞与

年2回(6月と12月)

休日休暇

完全週休二日制(土曜・日曜・祝日)
◎年間124日(2020年度実績)
慶弔休暇・年次有給休暇 あり

保険

各種社会保険完備(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)

制度

共済会、退職金制度、慶弔見舞金、永年勤続表彰制度、寮・社宅・駐車場あり、提携リゾート施設あり

研修制度

研修制度:新入社員研修(3か月)/本社にて営業・製材加工現場などを経験していただきます。 その後、配属を決定します。
・技能習得研修・OJT等
※木の良しあしを見る「目効き」は、みんなができるように学んでいただきます。
※フォークリフトの免許や施工管理技士など職務上の必要に応じて資格の取得を応援します。
木材をちょっと動かしたりするのに使うため、フォークリフトはほぼ全員が使えます。

試用期間

あり/入社後3ヶ月間、その他条件は本採用時と変更なし

職場情報

過去3年間の新卒採用者数・定着率

2020年度/採用者数4人
2019年度/採用者数7人
2018年度/採用者数9人
平均定着率65%

研修

あり/新入社員研修・技能習得研修・OJT等

月平均所定外労働時間

6.4時間(2019年度実績)

その他の情報

■詳細情報
応募資格

大学、大学院卒業見込みの方

積極採用対象

大学生(文系・理系)、大学院生(文系・理系)

採用予定学科

全学部、全学科

連絡先

■桜井本社
〒633-0064 奈良県桜井市大字戒重137
TEL:0744-46-3939 担当/総務部:藤本・白石

 

キャリア採用

■業務内容
木材仕入販売、建築施工管理、製材加工、山林作業、管理業務、その他付随する業務

■勤務地
奈良県桜井市/愛知県名古屋市・豊田市/京都府舞鶴市/静岡県磐田市/茨城県小美玉市/ 山形県酒田市/高知県南国市/三重県伊賀市/岐阜県高山市/栃木県那須塩原市/高知県四万十町

■待遇
年齢、経験、資格を考慮し、決定させていただきます

■必要書類
履歴書(写真付)

■お問い合わせ
まずは電話・E-mailにてお問い合わせ下さい。
〒633-0064 奈良県桜井市大字戒重137
TEL:0744-46-3939 担当/総務部:藤本・白石
sakurai_gyoumu@nishigaki-lumber.co.jp

先輩の声

十倉 天 近影

新たな試みで発展できる提案や、
林業をリノベーション出来る人に

十倉 天

幅広い経験・知識を積み、円滑な山林施業を目指す

林業に関わっていない方から見ると、林業とは朝早くから山へ行き、木を伐り、トラックに載せて発送、といった内容を想像するかと思います。私の業務は、それらを含めたさらに広い意味での木材産業に携わっています。

前述のような素材生産現場を経験するため1年ほどチェーンソーを肩に担ぎ山を登っていた時期を経て、現在は山林(立木)の購入・現場施業の段取り・丸太(原木)の販売といった多岐にわたる業務を行っています。そのうち、主な業務として施業現場の段取りを行っており、購入した山林を如何にして伐採搬出し、どのような方法で生産した丸太を効率良く製材工場まで届けるか計画・実施しています。円滑に現場が進むようマネジメントすることで、山主さんへ少しでも多くの利益を還元することを目指しています。

木材利用の中心を担う

日本という豊富な木材資源を持つ国において、充実した人工林の有効活用は大切な事業のひとつです。私は林業の中でも一番山林に近い立場から、その有効活用に向けて提案・実行する業務を担わせて頂いています。山林には地域の方が所有されているものに加え、国や地方公共団体が所有するものもあり、規模の大きな業務を計画・実行することが可能なやりがいのある仕事です。また、業務を実施するうえで当社グループ内だけで納まるのではなく、地域の他社様と協力しながら、木材を長期的に提供する目標を共に掲げて、仕事を行うことで、継続して築かれていく横の繋がりを実感しています。

地域に貢献できる事業体・人材へ

林業とは地域に根ざした事業を行わなければなりません。立木を伐採するだけでなく、その木材をどの様に利用するか、伐採跡地をどのように手入れするか、多くの考えを巡らした上で、その事業地を次世代に繋がる良いものにする必要があります。これらをしっかりと実行し、地域に愛される事業体となれる様に業務を完遂できる人材を目指しています。

林業は今後も大きく発展していく業界であり、これは若い世代が変えていくものであると感じます。過去の手法にとらわれず、新たな機械設備やアプリケーション等の試みを取り込みながら、発展できる事業を提案するとともに、これまでの林業をリノベーション出来る人材になります。

橋本 廉 近影

木や山が育んだ豊かな自然と文化を、
未来へと受け継いでいく

橋本 廉

豊富な知識と経験を持つ先輩が丁寧に指導してくれる

一般住宅向けの建築部材を加工・製造する部門に所属しています。主な業務は、原木を規定のサイズに加工するほか、倉庫での管理や出荷時の積み込みや数量の確認など。営業の仕事も勉強中で、先輩に同行して得意先であるプレカット会社や材木店を訪問し、お客様の要望をうかがったり情報提供を行ったりもしています。

子どもの頃から登山やキャンプが好きで、山や木に携わる仕事がしたいと思っていました。この条件にぴったりなのが西垣林業。好きなものに毎日触れることができ、とても充実しています。とはいえ、今は覚えることが多くて大変。木の種類や品質による等級、大きさなど、入社前はまったく知らなかったことを勉強中です。先輩たちは知識が豊富で、客先でも相手の質問にどんどん答えていき、的確な提案をしています。そんな先輩たちが現場で丁寧に指導してくれるから、着実に知識を吸収していくことができます。風通しが良く、気軽に質問して教えてもらえることも、西垣林業の魅力だと感じています。

多様な事業領域を経験することで知識を蓄え、
夢へ向けて前進できる

現在携わっている部門は、当社事業の中では「川中」に当たる部分です。まずはこの部門でしっかりと経験を積み、次は川下へ仕事を広げていきたいです。木材がどのように利用されているのか、どのようなニーズがあるのかを勉強し、その知識を持ったうえで川上へ挑戦することが、将来の目標です。日本には豊かな山があるのに、十分に活用できているとは言えません。山林が有効に活用されることで、木や山が育んだ素晴らしい自然と文化は未来へと受け継がれるはずです。西垣林業での仕事を通じて、そんな社会の実現に貢献したいです。

兼子 昂平 近影

私たちの製品を通して
木材の良さを感じてほしい

兼子昂平

若手社員が主体となって地産地消に取り組む

私は一般住宅向け部材を中心に生産している豊田工場に所属しています。

入社して1年間、本社製材工場で原木と製品の基本的な知識を学んだ後、2018年稼働の豊田工場の立ち上げメンバーとして配属されました。

現在は、入荷原木の選別、保管管理を行う原木工程から原木の径級と品質に応じた製材を行う製材工程、製材機全般の管理、メンテナンスなど幅広い業務に携わっています。豊田工場では私を含め県内の農林高校出身者を積極的に採用しており、若手社員が主体となって活躍しています。「地産地消」をコンセプトとしたこの工場で、愛知県内、特に豊田市の豊富な森林資源の有効活用を進め、山林保全の手助けとなれるよう、地域の製材工場として林業を盛り上げていきたいです。

木材の素晴らしさを、自分が作った製品を通して感じてほしい

原木の選別から製材までの幅広い業務を担当している為、日々色々な木に触れながら仕事ができるところが魅力だと思います。一人一人に個性があるように、木も一本一本に個性があり、一つとして同じ木はありません。太さや曲がり具合など、その木の個性に合った製材をしていきます。鋸を通した後の木目の表情は豊かで、その木がどんな一生だったかを考えるのは楽しいです。鉄やプラスチックにはない、色合い、木目の美しさ、優しい匂いや温もりといった木材の良さを、私たちが作った製品を通して感じてもらうことができれば嬉しいです。

小嶋 はな 近影

多くの方に
西垣林業の成長を伝えていきたい

小嶋はな

木材を通していろんな方と繋がる楽しさ

入社後、工場や原木市場の研修を受け、現在は名古屋で営業企画の仕事をしています。

営業職という事もあり、木材を通して関係の輪が広がっていくのを日々実感しています。

1年を通して、木材関係者だけでなく他業種の方や大学、行政の方など幅広い方とお仕事をする機会があり、お互いの持っている情報を共有することで新たなアイデアが生まれる事が多く楽しいです。 そのため、木材の事をもっと知り繋がりのある皆さまが必要とする利用方法を考え、提供することが私の役割だと考えています。これからも繋がりを大切にしていきたいです。

社会と西垣林業を結ぶ

入社1年目の時に会社のSNSの立ち上げに関わらせて頂きました。

西垣林業は林業経営、製材、市売、外材の輸入販売、建築までをも手がける「木材総合事業会社」であり、働いている人たちは皆それぞれが多方面に自分の得意分野を持っていて、プロフェッショナルです。それがあまり発信されていないのがもったいないと感じていました。

そのため、今後はSNS・イベントを通して各部署の方が情報を発信しやすい環境をつくりたいと考えています。元々、ものの見せ方やデザインを考えたりするのが好きですが、広報の知識は無い為勉強の日々です。 多くの方に時代にあわせて成長していく西垣林業を伝えていきたいです。

ページ上へ